車買取りを依頼する前に準備するもの

車買取りを依頼する際に必要になる書類があります。
まず、買取りを依頼する車の車検証をご用意ください。
車検証の所有者、使用者という欄があります。
こちらの所有者の欄にはどなたのお名前が入っているでしょうか。
大きく分けて2パターンあります。1つ目はご自身(もしくはご家族)のお名前が入っている場合。2つ目はローン会社の名前が入っている場合です。
まず1つ目のご自身(もしくはご家族)の場合ですが、お名前を確認されたらお次は下の住所を確認してください。

 

そちらの住所は現在お住みのご住所でしょうか。
引っ越しをされている場合は住民票で住所が繋がるかどうかをお調べください。
もし何度かお引越しをされている場合は戸籍謄本等車検証の住所と現在の住所が繋がる証明となる書類が必要となります。
上記を確認されましたら、所有者の印鑑証明、委任状(実印捺印)、譲渡証(実印捺印)の3つを準備して頂ければ書類は揃います。
次に所有者欄にローン会社の名前が入っている場合です。

 

車を購入した際にローンを組まれると所有者にローン会社の名前が入ることがあります。
少額の場合にはローン会社の名前が入らない場合がありますので注意してください。
(支払が完了している場合は1つ目に用意する書類で譲渡できます。)

 

ローンを組んで購入している場合は車買取りを依頼した時点でのローン残債があるのかを調べる必要があります。
定期的にローン会社より通知がくると思いますので、そちらに記載されているお問い合わせ先よりご確認して頂き、残債がいくらなのか?また、いつ清算するのかを買取り業者とご相談ください。

 

この場合、所有権解除という段階を踏むのですが、申請には使用者欄の方の印鑑証明、委任状(実印捺印)、譲渡証(実印捺印)、住所が変わっているようであれば、1つ目に記載した住民票、もしくは戸籍謄本が必要となります。
残債が清算された後、これらの書類をローン会社へ郵送すると、ローン会社より所有権解除書類が届きますので、そちらにて譲渡書類は揃います。
多くの買取業者はこれらの作業を代行しますので、車買取りを依頼する際には車検証の住所を確認し、必要であれば住民票、戸籍謄本を用意し、住所が変わらない場合は印鑑証明、実印を準備しておけば準備は整います。

 

印鑑証明など

車売る前に、準備をしておいた方がいいものがあります。
もちろん、車買取が決まった後に用意をしても構わないのですが、中には用意するのに時間がかかるものもありますので、しっかりと準備をしておきましょう。

 

まずは、印鑑証明書です。
車買取りをしてもらうということは、その車の名義人を変更するということです。
名義人を自分からその車買取り業者に変更します。
このことを「名義変更」といいます。

 

名義変更は、通常は車買取業者が行います。
この際に、印鑑証明書が必要となるのです。
印鑑証明書というのは、その人の本人確認の一種です。

 

リサイクル券

 

最近では、車を購入するときにリサイクル料金を支払うようになっております。
料金を支払うと、リサイクル券というものがもらえます。
車売るときには、これが必要となるのです。
ちなみに、万が一なくしてしまった場合には、再発行してもらうことも可能です。

 

税金の領収書

あらかじめ準備をしておきましょう。
そうすることによって、スムーズな引渡しをすることができます。
印鑑証明書を最初から手続きするようですと、結構時間がかかってしまいます。
特に印鑑証明書は、早めに用意をしておくようにしましょう。