車買取りは下取りより買取にする

車を売る時には、主に下取りと買取りの二つの選択肢があります。下取りは車を買う際に、今乗っている車を業者に引き取ってもらい、新しい車を買う代金に充てる方法です。新しい車を買う予定のディーラーがその役になりますが、ディーラーは新車を売るのが本業のため、その車に対する知識が十分でなかったり、中古車市場の動きをよくわかっていない場合が多く、ノウハウを持っていないことがあります。また中古車を販売するルートがしっかりしていないため、中間業者を介することも多いので、あまり高い値段はつきません。

 

しかし中古車買取りの専門業者の場合は、中古車のオークション相場を参考にしているため、その中古車の適正価格を把握しています。買い取った車の販路も多数確保しているので、すぐに売却することが可能なことから、高価での車買取りを実現できるのです。中古車の買取り価格は、車種別の人気はもちろん、季節柄や地域の流行などにも左右されます。

 

そういう中古車市場のトレンドを、リアルタイムにつかむことができるのが、買取り専門業者の強みです。それで人気の車種には思い切った高い値段を付けることができるのです。

 

新車販売のディーラーは、中古車の専門家ではないので、中古車市場の相場を下取り価格に反映させることは困難です。売れ残りのリスクを避けるために、低めの査定額をつけてしまいがちです。これが買取りの方が高く車を売れる理由です。

 

下取りより買取にする理由

車売る際には、どのような方法で売るでしょうか。
多くの方が利用するのは、車買取りと下取りです。これはどのような違いがあるのでしょうか。それは、どこに売るかということです。
大まかに言うと、車売る際に、買取専門業者に売るのが車買取りで、自動車の販売店に売るのが下取りです。
下取りの場合、その自動車販売店で新たに車を購入することが前提となります。

 

ぼろぼろで傷だらけという車であれば、下取の方が有利ですが、それ以外のケースであれば買取のほうが有利です。
買取の場合、愛車の価値をそのまま判断してくれます。
愛車の価値が100万円あれば、100万円出してくれます。
しかし、下取の場合には違います。

 

愛車に100万円分の価値があったとしても、上限が100000円と設定されていれば、100000円しかお金を出してくれません。
下取というのは、厳密に言うと車の査定をして、ちゃんとした価格を出すことではありません。
あくまでも、値引きの一環なのです。

 

値引きをすることによって、新たな車を購入するときに背中を押しやすくなります。
その価格は一律で決まっているものです。
普通車でしたら一律100000円、軽自動車でしたら50000円というような感じです。